長野市安茂里の歯医者さん

〒380-0955 長野県長野市安茂里西河原1531-7/JR安茂里駅から徒歩5分 駐車場9台完備

診療時間
09:00~12:30 ×
14:30~18:30 × × ×

休診日:日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

026-228-9117

当院のむし歯治療

むし歯の治療と聞くと、ドリルで歯を削るイメージを想像する方も多いのではないでしょうか?あのキーンという音や麻酔の注射が苦手で、歯が痛くても放置して、むし歯を悪化させてしまう方もいらっしゃるかもしれません。当院では痛みの少ないむし歯治療を行っていますので、ぜひ早めにご来院ください。

痛みの少ないむし歯治療を心がけています

進行してしまったむし歯を治療する際には、どうしても歯を削ることが必要になります。痛みがある場合には麻酔をかけて治療を行いますが、その麻酔注射が苦手という方もいらっしゃるかと思います。

歯科医院で行う注射は、口の中という敏感な場所に打つだけに、緊張したり恐怖心を感じたりするのも無理もありません。

清水歯科医院では、できるだけ痛みを感じない麻酔注射を行っています。痛みが怖くて歯医者への受診をためらっている患者さまも、ぜひお早めにご来院ください。

痛みを軽減する、麻酔注射の工夫

麻酔注射が痛いのには理由があります。まず針を刺すときが痛い、針が太ければさらに痛い。そして麻酔液を注入する速度が不安定だと、痛みを感じることが多いのです。

当院では針を刺す前に、歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を施します。歯ぐきの表面に麻酔をすることで、チクッという痛みが軽減されます。また注射針は、国内で入手できる中で一番細いものを採用。針を刺す際の痛みが少なくなるようにしています。

さらに麻酔液を注入する際は、電動式の自動注射器を使って、ゆっくりと行います。薬液の注入速度を一定に保つことで体への刺激を減らし、痛みを感じにくくできるのです。

むし歯は一度治療しても、むし歯ができる原因をしっかり理解して毎日の歯磨きを実行しなければ、再発しやすい病気です。当院は今後もむし歯にならないようにサポートをし、歯の健康寿命を延ばしていくことも歯科医院の大切な役目だと考え、患者さまにむし歯の原因をしっかりとご説明するほか、歯磨きや食生活、生活習慣についてもアドバイスしています。

なるべくドリルを使わず、歯を削らない治療を実践

むし歯の治療は、むし歯になってしまった部分の歯を削り取り、詰め物や被せ物をするという流れが基本になります。しかし歯は削れば削るほど、弱く脆くなってしまうものです。

当院では患者さまの歯を長持ちさせるために、できるだけ健康な部分の歯を削らない「MI(ミニマルインターベンション)治療」に取り組んでいます。

MIとは「最小限の干渉」を意味する用語で、可能な限り健康な歯の組織を傷つけずに進めていく治療方法です。

健康な歯をなるべく削らないことが、歯の寿命を延ばします

まず「う蝕検知液」という薬剤を使用して、むし歯に侵された部分だけを識別できるようにし、拡大鏡(歯科用ルーペ)で患部を大きく拡大して確認。そして、むし歯にかかった個所だけを丁寧に削っていきます。

必要に応じて、目では見えにくい小さなむし歯もレーザーで検出できる「ダイアグノデント」を使った検査も実施。歯の削り過ぎを防ぐために、MI治療用の極細のバー(歯を削る器具)を使って、少しずつ確実に削ります。

また初期のむし歯の場合、タービン(歯科用ドリル)の使用を極力避けて、レーザーを使用することで、患者さまの痛みや不快感を軽減する努力もしています。

歯科治療の目的は、患者さまの歯をできるだけ長持ちさせることにあります。当院ではさまざまな工夫をしながら、歯の寿命を延ばせるような治療に取り組んでいます。「むし歯かな」と思ったらなるべく早めに受診ください。

また当院ではむし歯の予防にも力を入れています。むし歯になる前に予防できれば、痛みや治療に対する恐怖を感じる必要はありません。今は痛みのない方も、予防のためにご来院いただきたいと思います。

むし歯治療の流れ

むし歯の検査

検査器具やレントゲンで、むし歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

むし歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

むし歯の部分を取り除く

むし歯の病巣を取り除きます。歯の神経までむし歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

むし歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

むし歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。